日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

セミナー後の懇親会費を交際費に落とす方法

税金

セミナー後の懇親会費を交際費に落とす方法

セミナー後の懇親会費を交際費に落とす方法

セミナーとか勉強会とかに行った後、
「懇親会」があること、多いですよね。


今回は、その懇親会の費用を、
経費として落とせるか?って話です。


あ、ちょっと話が脱線しますが、

まず、こういう懇親会は、
できるだけ、参加した方が良いです。


理由は、
やっぱりリアルに顔を合わせると、
いろいろとイイことがあるんですよ。

(よほど凶悪な印象な人でない限り、
 お互いに親近感が増します。 笑)


たいていの場合、話をすれば、
「なんか、イイ人そう。」って相手のことを思えるし、
また自分のことも思ってもらえたりします。


これはビジネスをする上で、大きいです。


ネットビジネスなら、

お互いのブログやメルマガを紹介し合ったり、
販売の協力をしてもらったり、
困ったことを相談できたりなんかします。


投資の情報やノウハウとかも、
教えてもらえるかもしれません。


やっぱり、
「知らない人」よりも「知ってる人」の方が、
親身になれますよね。


一度会ってお話すれば、
「知ってる人」になるんです。


で、何の話でしたっけ・・・。


・・・あ、はい。

懇親会の費用は
経費で落とせるか?って話でした。


私の経験上、

最初から、
「懇親会の費用は5000円です」と決まっていれば、

主催者が5000円の『領収書』を
用意してくれていることもあります。←まれですが


また、
領収書を用意してくれていなくても、
その懇親会の案内文(いつ、どこで、いくらかがわかるもの)が
証拠書類になりますので、

それを保管しておけば、
経費で落として問題ないでしょう。


ですが、最初から懇親会費用の金額が
わかっているものばかりじゃないですよね。


よくあるのは、
最後に参加人数で頭割とかして、

「はい。1人3800円の徴収になります!よろしく!!」

みたいなノリになると思います。
(懇親会の2次会、3次会でも、このパターンはよくあり)


そんなときに、3800円を払って、

「経費にするので、領収書ください!」

と元気よく言える人は、
そうはいないと思います。^^;


では、どうするのか。

家に帰ってから、
「出金伝票」に記入して、
経費に落としてください。

出金伝票

常識的な範囲の金額であれば、
それでOKなはずです。


その際、

その日にセミナーや懇親会があったという案内文とかも、
メールでも何でもいいので、添付しておいてください。

それが、証拠になります。


ただ、気をつけないといけないのは、
行った店の名前と金額は、
正確に覚えておいてくださいね。


行った店の名前は「支払先」になりますし、
金額は丸めた金額(だいたいの金額)ではダメです。


たとえ、ヘベレケに酔っぱらっっても、
店の名前と支払った金額だけは
正気に戻ってしっかりメモを取っといてくださいネ(笑)。





日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin