日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「コインチェック」と「ビットフライヤー」を比較してみた!

ビットコイン(仮想通貨)

「コインチェック」と「ビットフライヤー」を比較してみた!

「コインチェック」と「ビットフライヤー」を比較してみた

ビットコインの取引所の代表的な2社、
「コインチェック」と「ビットフライヤー」。

どちらを登録して使おうか、
迷っている人も多いと思います。

そこで、、

「コインチェック」と「ビットフライヤー」の
両社の比較をしてみました。
(記載のデータは、2017年3月15日現在)

まだ迷われている方は、
ぜひ参考にしてみてください。


「コインチェック」と「ビットフライヤー」の比較①使いやすさ

これは、圧倒的に
「コインチェック」の方ですね。

「コインチェック」は、
『日本で一番簡単にビットコインが買える取引所』を
セールスポイントの第一に掲げてますが、
確かに使いやすいです。

なにより、操作画面がシンプルで、わかりやすい。

本当に全然迷わずに取引できますので、
使いやすさを重視するなら、
断然「コインチェック」の方をオススメします。


「コインチェック」と「ビットフライヤー」の比較②安心面

ビットコインを売り買いする中で、
安心面、信用面はもっとも重視すべき事項ですね。

単純に「資本金」の大きさで比較してみると、

「コインチェック」の3000万円と比べて、
「ビットフライヤー」は8億3979万円。

資金面で言えば、
圧倒的に「ビットフライヤー」の方が安心できますね。

資本金の大きさがイコール「安心感」か、、と
問われれば、そればかりではないと思いますが、
現時点での「安心面」の比較材料としては
参考になるのではないかと思います。

ちなみに、、

「ビットフライヤー」は、
創設者が元ゴールドマンサックスの加納裕三氏という
日本人であることもポイントが高いですね。

リクルートや三菱東京UFJなどの
大手企業から出資を受けているという点でも
安心感があります。


「コインチェック」と「ビットフライヤー」の比較③取引手数料

取引手数料は、
「ビットフライヤー」は無料。
「コインチェック」は有料。

ただし、「コインチェック」の場合、
取引すればするほど手数料が受け取れるサービスも
展開しています。(つまり、払うのではなくて、もらえます)

取引が頻繁になると思われる方は、
「コインチェック」の方が良いかもしれませんが、
こればかりは、ご自身の投資スタンスによりますね。

私の場合、
取引はそんなに頻繁には行わないと思うので、
取引手数料はさほど気にしていません。


「コインチェック」と「ビットフライヤー」の比較④日本円出金手数料

日本円の出金手数料に関していえば、
両社、ほとんど大差ないです。


「コインチェック」と「ビットフライヤー」の比較⑤BTC出金手数料

ビットコインの出金手数料は、
「ビットフライヤー」の方が無料なのに対して、
「コインチェック」は0.0002BTC。

これもほとんど大差ないですので、
私は気にしていません。


「コインチェック」と「ビットフライヤー」の比較 まとめ

両社を比較してみまして、
今のところサービス内容に
大きな差はほとんど感じませんでした。

強いて言えば、
「使いやすさ」重視なら、「コインチェック」。

「安心面」重視なら、
「ビットフライヤー」というところでしょうか。


個人的な感想を言わせてもらえば、
最初はビットコイン投資は不安もあるでしょうから、
取引に迷わない(操作が簡単なので迷いようがない)、
「コインチェック」をまずはオススメします。


「コインチェック」で登録や取引方法などの要領をつかめば、
その後「ビットフライヤー」を使ってもスムーズに行えると思います。

まずは「ビットコインに慣れる」という意味で、
操作が単純で簡単な、
「コインチェック」での登録をオススメします。

↓↓↓ コインチェックの登録はコチラから。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


ちなみに私は、
「コインチェック」と「ビットフライヤー」の
両社で登録しています。

「卵は一つのカゴに盛るな!」という、
相場の格言もあります。

卵は一つのカゴに盛るな(たまごはひとつのかごにもるな)

株式相場の世界では、先人が、その経験を基にして、さまざまな格言を残している。卵は一つのカゴに盛るなも、そのうちの一つである。

卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむということ。

特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させた方がよいという教え(=銘柄分散投資)。

出典 http://www.nomura.co.jp

どちらか一方に
すべてのビットコインを預けていて、
もし何かあれば全滅です。

また、私は株式投資をしていた頃、
絶好の投資タイミングで、
使っていた証券会社のシステムがダウンして、
泣いた経験があります。

その意味でも、複数の取引所に登録して、
保険をかけておくことは必要と考えています。

(特に「ビットコイン」の相場は、
 今後ボラティリティが高くなる局面が
 あることも予想されますので)


登録はどちらも無料ですので、
「コインチェック」だけでなく、
「ビットフライヤー」でも登録して、
リスク分散をしておくことをオススメします。

↓↓↓ ビットフライヤーの登録はコチラから。


以上、
「コインチェック」と「ビットフライヤー」の
比較記事について書いてみました。

参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin