日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

意外と忘れがちな『納税』に注意!

税金

意外と忘れがちな『納税』に注意!

意外と忘れがちな『納税』に注意!


申告だけ終わって、
ホッとしたまま、

肝心な「納税」を忘れてしまう人が、
意外に多いです。


申告は「納税」して、完結します。


「還付」の場合は、
申告が終わればノンビリしててもイイのですが、

「納付」の場合は、
きっちり期限内に納付まで済まさないといけません。


意外と忘れている人も多いので、気をつけましょう!

振替納税のススメ

納付を忘れないためにも、
「振替納税」の手続きをオススメします。


この手続きは毎年する必要はなく、

一度行ってしまえば、以降はずっと、
期日が来れば税金が引き落とされることになります。

(ただし、引落し期日に口座に残高があることを
確認してください)


手続きの方法は、
こちらの国税庁HPをご覧ください。
↓↓↓


この手続きをする場合は、必ず2部提出して、
1部は自分の控え用として手元に置いておいた方が良いです。


翌年以降の申告の際に、
提出したことを忘れていて、
二重に支払ってしまうことの防止のためです。

(もちろん、誤って二重に支払ってしまえば、
戻してくれますが)

振替にせず、あえて現金で払うのも、アリ

あ、もちろん、
あえて口座振替にせずに、
現金で支払うのも、アリです。


「税金として納める現金」を手にすると、
いろいろな思いがおきるでしょうから。


------------------------------------
「オレ、こんだけしか払ってないんだ。
 来年はもっと頑張らないのな。。」
------------------------------------
 という【奮起】。



------------------------------------
「どうだ!オレはこんなに払ってるんだぞ!」
------------------------------------
 という【満足感】やら【虚栄心】。



------------------------------------
「もっと、節税しないとな~~。
 何か手だてを考えないとな~~。」
------------------------------------
 という【意識の向上】とか、【痛税感】。



現金納める瞬間は、

「税金」とリアルに向き合える瞬間でもあるわけです。


自分の事業の中の
1つの区切りとして、「儀式」として、

「口座振替」でなく、
「現金持参」で納めるのも、アリだと思います。


現金で納付する場合は、
現金に納付書を添えて、

金融機関か所轄の税務署の
納税窓口で納付してください。


納付書は、
税務署や所定の金融機関に用意してあります。



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

StartRush

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin