日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

確定申告のペナルティ(罰金)とは?

税金

確定申告のペナルティ(罰金)とは?

確定申告のペナルティ(罰金)とは?

「確定申告?

 う~ん。。難しいし、面倒くさいし、
 よくわかんないんだよねぇ~。

 知らんぷりしといて、
 バレたら払えばいいんじゃない?」

↑↑↑
こんな風に考えてる人、いませんか?

ヤバイです!!!


税金を甘く考えてはいけません。

バレたら払えばいい、、が通用するなら、
そんな人ばっかりになってしまいます。


ですので、当然ながら、

まじめに申告して納税した人と、
申告も納税もしないでホッタラカシにした人とで、
扱いに違いが出てきます。


それが「ペナルティ」。

要は、「罰金」です。


では、どんな「ペナルティ」が
課せられるかといいますと・・・


◆無申告加算税

確定申告の申告期限は、
毎年3/15です。

それに遅れた時には、
この『無申告加算税』が課されます。


ペナルティの額は、
納めるべき本来の税額に15%が加算されます。

(納税額のうち50万円を超える部分は20%)


この無申告加算税15%は、
税務調査が入る前に自己申告すると、
5%で済みます。


ただし、、

税務調査が入ると聞いてから申告した場合は、
やっぱりダメで、15%かかってしまいます。

◆過少申告加算税

「過少申告加算税」は、

確定申告の申告期限内にちゃんと納税したけど、
その税金が本来よりも少なかった場合に課されます。


ペナルティの額は、
納めるべき本来の税額に10%が加算されます。

(納税額と50万円のいずれか多い方を超えてる場合は、
 超えている部分については15%)


この過少申告加算税10%は、
税務調査が入る前に自己申告すると0%、
つまりペナルティは課されません!


ただし、、

税務調査が入ると聞いてから申告した場合は、
やっぱりダメで、10%かかってしまいます。

◆重加算税

これはヤバいです。

事実と違っていたり、隠したりして、
ウソの申告をした場合に課されるペナルティです。

これは結構、ヤバいです。


ペナルティの額は、
納めるべき本来の税額に、
なんと35%も加算されます!

しかも、

そもそも申告すらもしていなかった場合には、
なんと45%も加算されます!!


重加算が課されるケースは、
単なる経理上のミスではなく、
重大な悪意があるということなので、

もっとも高額な
ペナルティを課されることになるんです。


重加算税のヤバさは、
何もペナルティの額の大きさだけじゃ、ありません。


税務署に目をつけられてしまうのです。


つまり、以降は、
通常よりも細かく税務調査を受けたり、
その頻度(回数)が多くなる可能性も出てきます。


絶対にしないように!!!!!

◆延滞税

さてここまで、
「加算税」のお話をしてきましたが、

正しい申告・納税をしなかった場合のペナルティは、
まだあります。

それが、『延滞税』。


納めるべき正しい税額と、
実際に収めた税額に差額がある場合、

その差額を納める日までの期間に応じて、
利息が発生するんです。


しかもその利息の利率がハンパないです。

なんと、14.6%!。

(納期限の翌日から2ヵ月までは、「納税額の
7.3%」と「前年の11/30の公定歩合プラス4%」の
うちの低い方を適用し、2ヵ月を超えたら14.6%)


そもそも税務調査なんて、
毎年あるわけでなく、何年かに1度になります。


ということは、何年か分、
さかのぼってまとめて調査されますので、
結構古い年度に納税不足が発覚したりすると・・・、

日数が経ってる分、利息もハンパないわけです!


とにかく!!

正しい申告をしていれば、
なにも恐れることはありませんので、
普段から正しい申告、納税を心がけましょう。



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin