日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オークション取引の確定申告

税金

オークション取引の確定申告

オークション取引の確定申告

サラリーマンの方は、
オークションで年間の利益(売上-経費)が
20万円以下の場合は申告しなくてもかまいません。


フリーターや専業主婦などの方は、
利益が38万円以下の場合は申告しなくてもOKです。


では、

上記の20万や38万円を超える場合には、
どのように申告すればよいのか?


まず、そのオークション事業を、

『営利を目的として、反復・継続的』

にしている場合は、
「事業所得」として申告することになります。


一方、その稼ぎが単に、

『お小遣い稼ぎレベル』

なら、「雑所得」として申告することになります。


自分が以前に使っていた中古の商品を
出品して販売するような場合は、

生活に通常必要な資産の譲渡には
税金がかかりませんので、

上記(38万または20万)以上の
利益を出していても、申告不要です。


一方で、
生活に通常必要でない資産(宝石とか骨董品とか)を
売却した場合の利益は「譲渡所得」となり、
金額次第では税金がかかってきますので、要注意!

以下、国税庁のホームページ、

『譲渡所得の対象となる資産と課税方法』

をご参照ください。
↓↓↓



では、最初からヤフオクに出品する目的で
中古商品を買ってきて出品した場合はどうかと言いますと、

やはり、、

上記の利益(38万または20万)を超えている場合は、
「事業所得」あるいは「雑所得」として申告が必要になります。


まとめ


◇生活で通常必要な物として購入し、
 不要になったからオークションで売却した。

 ⇒利益に関わらず申告不要

◇オークションに出品するために購入して売却した。

 ⇒上記の利益(38万または20万)を超えている場合は、
  「事業所得」あるいは「雑所得」として申告が必要


Q&A

◆質問

『たまたま、安い中古品を見つけて、
 自分で使うつもりで購入しました。

 でも使ってみたら、なんだか自分に合わなかったので、
 オークションで売っちゃいました。

 意外に高く売れましたので、
 利益が結構出てしまったのですが、申告の必要はありますか?』


◆回答

「たまたま~」なら大丈夫ですが、
これが頻繁にされていると、
継続的に行われている「事業」と判断される可能性があり、
金額によっては申告が必要になるケースも出てくると思われます。


なお、上記利益の38万円とか20万円ですが、
オークションのほかにも、
アフィリエイトやせどりなどで利益がある場合は、
すべてそれらを合算した金額で判断されますので注意してください。



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin