日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

マウントゴックス事件(巨額ビットコイン消失事件)の真相は?

ビットコイン(仮想通貨)

マウントゴックス事件(巨額ビットコイン消失事件)の真相は?

マウントゴックス事件(巨額ビットコイン消失事件)の真相は?

マウントゴックス経営破綻 ビットコイン百億超消失か?!



この事件の一報を聞いたとき、

「あ~、やっぱりな。
 だから、ビットコインなんて怪しいと思ったんだよ。」

と思った方は多いと思います。(私もそうでした)


正直、この事件がトラウマになって、私の中で、

「ビットコイン
 =システムの脆弱性を突かれれば、すぐに消えてしまう」

というイメージが出来上がっていました。


それでもいま現在も盛り上がっている、ビットコイン。

この事件の真相について、調べてみました。

ビットコイン消失事件とは?

2014年2月に、東京を本拠地とする私設のビットコイン交換所であったマウントゴックス(MTGOX)が、顧客から預かったビットコインなど数百億円が消失したとして、民事再生法の適用を申請、破綻(はたん)に至った事件。同社のマルク・カルプレス社長は「ハッキングされ何者かに盗まれた」と主張していたが、自身が口座を不正操作し米ドルに換えたり、不正流用や着服したりしていたことが発覚、15年8月に私電磁的記録不正作出・同供用容疑や業務上横領容疑で逮捕された。

出典 http://kotobank.jp


結局のところ、マウントゴックス取引所にあったビットコインは、
外部の何者かに盗まれたわけではなく、
社長自らが不正流用や着服していた、ということですね。

データを操作できたのも、社長一人だけだったようですし、
これはもう、ビットコイン云々の問題ではなく、
個人の問題と思われます。

多くの人にとって、ビットコインから連想されるのはマウントゴックスだろう。マルク・カルプレス元CEOが逮捕されたとき、新聞記事には「ビットコイン、社長立件へ」「『ビットコイン』逮捕」「ビットコイン事件」など、あたかもビットコイン=マウントゴックスであるかのような見出しが立っていた。

もちろんビットコイン=マウントゴックスではないし、カルプレス容疑者の逮捕をビットコインコミュニティは大して気にしてもいない。マウントゴックスに関心を持つのはマウントゴックスにビットコインや現金を預けていた債権者くらいで、マルク・カルプレス元CEOの逮捕が報じられてもビットコイン価格に影響は見られなかった。

ビットコインコミュニティが動揺していないのはマウントゴックス事件が「ビットコインのしくみの欠点」ではなく、「カルプレス容疑者個人の問題」であることが早くから周知されていたからだ。

ビットコインセキュリティの専門会社「Wizsec」(ウィズセック)はカルプレス容疑者の逮捕前から、内部犯の可能性を示唆するレポートを公開してもいた。

出典 http://zai.diamond.jp

ただ、個人の問題であったにせよ、
実際にマウントゴックスに預けていて、
ビットコインが消えてしまった人は、たまったものではないです。
(おそらくは、取り戻すことは難しい?)

ビットコイン取引をする人は、取引所の選定を慎重にし、
取引所もまたしっかりした管理体制を敷くべきです。

一個人の操作を、誰も監督できない組織って、
なんなのよ?って話です。
これじゃ、やりたい放題です。

まぁ、ここまで組織がズサンだったのは、
内部体制が出来上がっていないまま、
急激に市場が大きくなったのも一因と思われ、
この事件を契機に今後は改善されていくと思われます。



いかがでしたか?

ぜひ、当記事を参考にしてみてくださいネ!

お読みいただきまして、ありがとうございました。


もしビットコインを始めるのでしたら、
いま日本で一番簡単にビットコインが買える取引所、
『コインチェック』をオススメします。

私もここを使っています。↓↓↓


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

StartRush
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin